がんばりましょうか

9歳、6歳、子供達の育児記録

2/19月【お勉強】プリント学習一部【DWE】予習【読み聞かせ】ぼくはモンスターのとこやさん、ミュージアムにスフィンクスがやってきた他

2/19月
【お勉強】
娘、宿題、プリント学習(国語(漢字なし)、作文)
息子プリント学習(もじ、かず、ちえ各1)

国語はなぞなぞを作る問題。
時計だと、一日中休みなくはたらいている。りんりんうるさくなる。を一日中やすみなくはたらいて、りんりんなるものなーんだ?みたいに作る。
娘は文章を1つにつなげる言葉、◯◯して、という言葉などがどうしても出てこず苦戦していた。

もじのおてほんと同じひらがなを探すのは簡単にできたし、数字の1から5を同じ数の絵とつなぐ問題もできたが、ちえの三角の図形を描くのに苦労していた。

【DWE】
ストレートプレイ11 レッスン3
トークアロングカード 今週の予習分

本当は歌の練習をしようとしたが、DVDを実家に忘れてきてしまったので変更。
娘はやる気だったので失敗しました。

トークアロングカードはバースデークーポンがあったので、とうとうカードのホルダーを購入してしまいました。
カードは通しませんでしたが見て、言ってちょっと遊びました。
息子にrun、walk、fast、slowというと、全部その通りにやってくれました。
いつの間に覚えた!?

【読み聞かせ】
アンパンマンとおむすびまん(紙芝居)
ぼくはモンスターのとこやさん(2回)
まけるのもだいじだよ にじいろのさかな

アンパンマンの紙芝居は安定。
持つものはアンパンマンは恥ずかしくなってきた息子、もう卒業している娘ですが、お話はまだまだ大好きです。

ぼくはモンスターのとこやさん

ぼくはモンスターのとこやさん

ぼくはモンスターのとこやさん

モンスター、お化け、妖怪大好き息子。
ツボにハマったようです。
最後に残されたでろでろトニックを本を閉じては開いて探し、喜んでいました。
洋書版1冊ととこの作者(matthew mcelligott)の別の作品もKindleで1冊買ってみました。
mad scientistという絵本です。
最初の方をサンプルで読んだら、結構簡単で私でも読めそうで。
洋書読み聞かせ復活にむけて着々と進めます。

まけるのもだいじだよにじいろのさかな

まけるのも だいじだよ にじいろの さかな (にじいろのさかなブック)

まけるのも だいじだよ にじいろの さかな (にじいろのさかなブック)

ちょっと説教くさいので好き嫌いが分かれそうですが、私は子供に教えるのにとてもいいなと思うので賛成派です。
以前展示イベントがあった時に読もうかなと思ったのですが、結局1年越しくらい?
1冊ずつシリーズを借りてもいいかなと思いました。

ミュージアムにスフィンクスがやってきた (RIKUYOSHA Children & YA Books)

ミュージアムにスフィンクスがやってきた (RIKUYOSHA Children & YA Books)

こういった絵本はしょうがないですが説明文が長くて、子どもの集中力が保つかなとドキドキ気にしながら読むのですが、これは完結でテンポよく落語みたいで面白かったです。
流石に子供達もトトメス3世を覚えたんじゃないのかな?
一応ハトシェプスト女王(?)も出てくるのですが、トトメス3世のように繰り返し出てこないのでなかなか覚えられなかったです。(私の記憶力が劇的に悪い!?)

この絵本は余裕があったら買ってもいいなと思いました。